--JARL鈴鹿クラブ-- --三重県ハムフェスティバル実行委員会-- --「めざせ志摩半島」実行委員会--

HOME >> アンテナのある風景 >> 白子レピータ(439.70MHz)のアンテナを紹介します

2007年08月04日

白子レピータ(439.70MHz)のアンテナを紹介します

70anntena.jpg
白子レピータ(JP2YCE)の愛称と共に皆さんにご利用頂いているアマチュア無線専用の中継器で使用しているアンテナをご紹介します。もともとアマチュア無線専用レピーターは、当初ハンディ機を想定しており、各地に設置されているレピータどうしがお互いにぶつからないように、設置するときには現地調査が行われております。特に、利用に関してはJARLの定めるレピータ規定に従い、1W以下のハンディ機しかもアンテナは1/4ラムダとなっております。今ではあまり知らない方も多いようですが、最近のハンディ機はパワーが大きくこの規定に合致したものを探すには難しいようですけど。
また、アマチュア無線用に設置されたレピータには2種類あって、広域レピータ・地域レピータ近頃ではD-star(デジタル専用)などがあります。広域は県下で2機ありますが、現在は伊勢市の朝熊山頂上で中継しているJR2WAのみで、御在所岳は停波しております。広域での利用はハンディ機に限らずモービル機や固定機からも利用が可能です。
写真はJP2YCE白子レピータが使用しているもので、右の約50cmの白いものです。地上高は約30mですから、カバー範囲は半径約60kmで南は伊勢神宮の駐車上からもアクセスが可能です。もちろん愛知県を走る湾岸高速からもOKです。一度、アクセスしておき、災害時に備えておかれたらどうでしょうか。(レポートJR2MHVとみおかたくみ2007/08/04)

このサイトは、トラックバック大歓迎!がポリシーです。
トラックバックを受け取られた方のサイトは全て訪問し「blogランキング」への投票も行っています。もし、ご迷惑となりましたら削除してください。トラバ返しは大歓迎です!
投稿者: 日時: 2007年08月04日 15:18 | パーマリンク |   ▲このページの上へ
トップページへ戻る

【アンテナのある風景の最新記事】

白子レピータ(439.70MHz)のアンテナを紹介します

一般ハムからの情報防災・災害ボランティアハム情報ハムクラブ情報県内コンテスト情報移動運用の情報アンテナのある風景売ります・買います情報記録写真集